タクシーの配車をお願いする

自宅にタクシーを呼ぶときのやり方をまとめます。

タクシーを呼ぶアプリ

空港に行くときや、病院にいくときには、タクシーを頼むことがあります。
ドイツ語が話せれば、直接、タクシー会社に電話して呼ぶことも可能ですが、私はmytaxiというアプリを良く使います。私が住んでいる街には、Uberは利用ではないので、このアプリを使っています。

今まで、数回、使用しましたが、結構便利です。今自分のいる位置は、iPhoneで位置情報が利用できるなら、自動で勝手に入力されるので、あとは、行き先を入力するだけです。
また、アプリがドイツ語ではなく英語で利用できるので、重宝しています。あと、今すぐ呼ぶこともできますし、あらかじめ、特定の時間を予約することも可能です。
あらかじめpaypalかクレジットカードを登録しておけば、支払いもアプリ上で可能です。あらかじめルートと料金をアプリ上で概算で計算できるので、ぼられる心配もないですし。

私の場合は、自家用車を持っていないので、家内が産気づいたときに、タクシーを利用する必要がありました。そのときに、てんぱってドイツ語で自分の家の住所を言って、タクシーを呼ぶ自信がありませんでした。あと、真夜中や早朝の場合は、電話してもほんとに来るか不安だと思います。
このアプリなら、自分の呼んだドライバーの運転するタクシーがどこの位置にいるか分かりますし、直接電話することもできます。
実際、本番では、5分で家に来てくれました。逆に、こちらの用意が整うまで待ってもらったくらいです。
予行練習として、このアプリをインストールした後、一度、産科へ通院も練習してみました。
いきなり本番を迎えていたら、タクシーが来るかどうか不安だったと思いますが、予行練習をして良かったと思います。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする